• 定年男子のランとマネー

断捨離

今年のゴールデンウィークに断捨離を志して大掃除をしました。

現在の家に住んで21年になります。

その間にはいろいろな出来事がありました。ついでにいろいろな物が蓄積しました。今回はこの堆積物を片付けるべく大ナタを振るいました。

でも大ナタを振るったつもりが全然はかどりません。

理由は簡単です。堆積物の中身を見るからです。

これまで思いを感じて捨てられなかったものを、改めて見たらやはり捨てられません。

その中の一つに小説がありました。

サマーセット・モームの「月と6ペンス」です。

思い出の小説です。

月と6ペンス

昨日、たまたまある講演会に参加していて、始まるまでに時間があったので「月と6ペンス」を読んでいました。

すると、向かいの席の見知らぬ方から声を掛けられました。

「ご熱心ですな。何をお読みですか?」

「モームの月と6ペンスです。」

「モームですか?よく大学入試に出ましたね。

オー・ヘンリーとか。」

「そうですね。昔、勉強しなかったので今頃やっています。(笑)これは大学生の頃に読んだ本です。40年前の本なので焼けて汚いと言われているのですよ。(笑)」

そうです。この本は我が家の断捨離を逃れて生き残った本です。多分、僕が原書で読了した最初の小説です。

ところどころに鉛筆で下線が引いてあります。

40年前にどのようなことを考えながら、この小説を読んでいたのかが想像できて、とても面白く読んでいます。

こういう読書のやり方もあるのですね。

独立心

どうやら僕は40年前には、この小説の主人公チャールズ・

ストリックランドのように、すべてを捨てて顧みず、自分の好きなように生きていくことに憧れていたようですね。

僕は、これまでも結構好きなように生きてきたように思うので、三つ子の魂百までという諺は正鵠を射ているのかもしれません。

この小説の主人公のモデルは、ポール・ゴーギャンです。

彼の実際の人生がこの小説と、どの程度重なるのかは分かりませんが、自らの才能に殉じるような生き方は、若い人には魅力的だと思います。

人生を60年以上生きてきて、僕にはゴーギャンのような才能もないし、金儲けのセンスも無いことが分かりました。でもせっかくサラリーマンを卒業して組織と無関係になったのだから、及ばずながら自分の人生を楽しく生きていきたいと考えています。

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA