• 定年男子のランとマネー

「哲学と宗教全史」読みました

出口治明著「哲学と宗教全史」を読みました。 西洋と東洋の宗教と哲学の歴史と、それぞれの簡単な内容が解説されていて、 とてもコンパクトに纏まっていますね。 実は、高校生の時に河出書房刊「世界の大思想」全29巻を買って、 プ …

続きを読む


20世紀スピーチ集

昨年8月以来、ペンギンブックスの「20世紀スピーチ集」を、筆写しながら、少しずつ読んでいます。 この本は、1900年初めから2000年までの、秀逸と編者であるブライアン・マッカーサー氏が判断したスピーチを集めたものです。 …

続きを読む


前野彩さんセミナー

4月23日、奈良県大和八木駅近くで、FPオフィスWill代表の前野彩さんの講演を 聞きに行ってきました。 大和八木SGが主催する、FP協会の単位認定セミナーです。 前野さんは、素敵な着物姿でやってこられました。 「少し遊 …

続きを読む


ウッチーのサッカー解説

少しマニアックですがサッカーの話を。 カタールワールドカップへの最終予選も終盤ですが、最近のテレビの解説は松木安太郎さんと内田篤人さんという元サイドバック2人が行うことが多いようです。 松木さんの解説は、掛け声や雄叫びを …

続きを読む


週刊誌雑感

週刊誌は本屋で立ち読みするだけで買ったことはないのですが、記事をナナメ読みしていると、週刊誌が考える世の中の動きが感じられます。 最近の記事や特集で一番多いのが老後の乗り切りかたですね。 資産運用、夫婦関係、公的年金、病 …

続きを読む


労働分配率と企業の負担

10月16日、FBつながりの川元由喜子さんのブログを拝見して、面白いなと思ったので 感じたことをまとめておきます。 川元さんのブログはこちらです。 「労働分配率」の話:のんびりと貯める人の株式市場散歩:SSブログ (ss …

続きを読む


円の実力低下と低賃金の関係

1982年に初めてスペインに赴任した時は、日本の円は強い(スペインは物価が安い)と感じました。 1990年にアメリカに赴任した時も、スペイン時代ほどではないものの、日本円の強さを感じました。 2000年代に仕事でアジアを …

続きを読む


右側と左側の経済学

最近、必要があって再び社会保険の学習を始めているのですが、慶応義塾大学の権丈教授の 「ちょっと気になる政策思想」を読んでいると興味深い記述に当たりました。 学生時代にサミュエルソンの経済学を読んだ記憶では、アダムスミスの …

続きを読む


FIREとWPP

FIREとは、例えば「40歳代で1億円ためて早期退職してゆっくり暮らす」 WPPとは、できるだけ長く働いて現役生活を延ばし、あとは公的年金と私的年金で暮らす ということです。 このように書くとFIREとWPPは真逆ですね …

続きを読む


電話とメール

経済評論家の山崎元さんがダイヤモンドオンラインに「電話不要論」について書いています。 詳細は下記の記事です。 ひろゆき氏の電話不要論に大賛成、電話は「不愉快で不適切」な5つの理由 | 山崎元のマルチスコープ | ダイヤモ …

続きを読む