• 定年男子のランとマネー

 新しいランニングフォームを試しています。

ランニングフォームの課題

フィジカルトレーナーに指摘された弱点を改善努力しつつ、ランニングのフォーム改造にも取り組みました。

http://grc-con.com/2017/04/02/physical-trainning-for-retired-man/

ランニングコーチの僕のフォームへの指摘は下記の通りです。

  • 右足=後ろで回旋、着地で足が伸びる
  • 左足=前も後ろも回旋 
  • 着地=かかとから
  • 腰が引ける       
  • 両足=バウンスして走行(筋力依存)
  • 上り=  視線が上向き、歩幅が広い、かかと着地、腕ふり弱い 
  • 下り=足がブレーキ、バックキックができていない

これだけ指摘されると、いままでの走り方が全部だめということでお手上げですが、さすがコーチは上手い事言いました。

「上山さん、たくさん伸びしろがありますね!」(笑)

それはそうだけど、もっと若ければなあ、と思いながら結論として

ランニングフォームを全面的に改造することにしました。

やはり我流では、変な癖がつくので限界がありますね。

大会参加

新しいランニングフォームを身に着けるために普段の練習に加えて大会を増やしました。

長い距離を走ってみないと、新しいフォームが身についているかわかりませんからね。

  • 2016年9月 村岡ダブルフル100キロ(91キロ関門でアウト)
  • 10月 ダイヤモンドトレイル40キロ(完走 7時間59分)
  • 11月 神戸マラソン(完走 4時間29分)
  • 12月 奈良マラソン(完走 4時間36分)
  • 2017年1月  大阪30キロ (完走 3時間15分)

でも村岡で足を痛めたようで、ダイヤモンドトレイル以降は足裏の痛みに悩まされながらのマラソンでした。

村岡以後は何とか全部完走しました。変わらずスピードは出なくて遅いのですが。(笑)

コーチには「無茶をしますねー」と言われてしまいましたが。

今年は3月に六甲山縦走トレイルランを完走しました。(8時間1分)

2月を休んだからか足裏の痛みもなく順調に走ることができました。

今年の予定は

  • 5月のKobo Trail 43キロ(空海が開いた道です)
  • 7月に日光ウルトラマラソン62キロ(東照宮が見たい!)
  • 9月に歴史街道 丹後ウルトラマラソン100キロ(3回目)

を予定しています。

このほかにフルマラソンかトレイルを1~2本走りたいと思っています。

「新しいランニングフォームでスピードアップ」となるかは不明ですが、少なくとも楽に走れるようになりたいものです。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA