• 定年男子のランとマネー

花見

松阪城は戦国時代の名将、蒲生氏郷が縄張りをした城です。

松阪城内には江戸時代の国学者として有名な本居宣長の住居跡が残されています。

住居はよく手入れされていて、当時の面影を残しています。本居宣長記念館も併設されていて、宣長の資料から当時の様子が偲ばれます。

松阪城は桜が満開でとても綺麗でした。

雨上がりの中、行楽客が沢山来ていました。

駐車場で城跡への道を聞いた人は中国人のようでした。「アイ ドント ノー」と言われてしまいました。(笑)

桜の見ごろも今日が最後でしょうか?



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA