• 定年男子のランとマネー

投資の基本セミナー

7月24日に梅田の関西大学キャンパスで開かれたセミナーに参加しました。
構成は3部です。

会社四季報

まず始めは「会社四季報で有保銘柄を探そう」です。

演題からわかるように、このセミナーは東洋経済新報社が個人に、株式を始めとした投資をやってもらおうとして開催したものです。

僕は東洋経済オンラインの記事をよく読みますが、質の良い経済記事を掲載しているな、と思っていました。

ところがもう一つの会社の柱である「会社四季報」については、単に情報をあつめているのだろう、くらいしか思っていなかったので、120名の記者が上場3600社を手分けして担当し、インタビューや電話で直接情報を収集して、会社の状況を判断していると聞いて、自分の認識不足が分かりました。

広瀬部長のご説明は簡潔で、とても分かりやすかったと思います。

iDeCo

二番目は、前野彩さんの「収入アップの鍵はiDeCo! 早く始めたほど、安心老後が手に入る」です。

僕はこれまで数回のiDeCoのセミナーに参加し、数冊の書籍を読みました。

その中で受けた印象としては、前野さんは初心者を対象に、iDeCoの基本と考えるべきポイントを網羅して、かつ簡潔に纏められたと思いました。

特に最後の「iDeCoが向く人、向かない人」という項目は、顧客の立場を第一に考えておられる前野さんらしいと思いました。

講演はぴたりと45分で終了したので、相当準備をされたということが伝わってきました。

株式投資

最後は大江英樹さんの「株式投資はじめの一歩~間違えない資産運用~」です。

大江さんご自身は「自分は元来株屋です。」と言われるように、40年に渡って市場を見てこられた株式投資のプロです。

セミナーのポイントは大きく分けて3つです。

一つ目は「投資」と「投機」の違いについて。

これは22日に京都で行われたセミナーでも触れておられましたが、今回はもう少し突っ込んだ話でした。

二番目は株式投資の基本的な指標についてです。

PER,PBR,ROE配当利回りについて、教科書に書いてあるような無味乾燥な説明ではなくて、具体的な活用法を引きながら説明されました。

最後は株式投資の注意点です。

1. 無理をしないこと


2. 自分の頭で考えること


3. 勝つことよりも負けないこと


4. 天底のサインを見逃さないこと

僕はこのうちで、個人投資家が最も心すべきことは「勝つことよりも負けないこと」だと思います。個人は幸せな生活を送るために投資をするのだから、再び立ち上がれないような敗北を喫するのは、全くの本末転倒だと思うからです。

最後はテンプルトン卿の格言で締められました。

セミナーが終わっても、参加者の何名かは居残って講師の方々と話しています。

質問なのか、雑談なのかは分かりませんが、講師の方々の人柄がよくわかる光景でした。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA