• 定年男子のランとマネー

雨の軽井沢

40年来の友人たちと7名で軽井沢を訪れました。

実は友人の一人Aさんが25年前から所有している北軽井沢の別荘に、関西と東京からそれぞれ集合しました。

当日はAさんの車でAさんとOさんが先発隊で買い出しなどの準備をしてくれます。

残りの5人は東京駅で待ち合わせて、北陸新幹線「はくたか」に乗って軽井沢駅に向かいます。

東京駅のホームは夏休みシーズンで混雑しています。

軽井沢駅も大変な人出です。

5人は駅でレンタカーを借りて、Aさんの車と2台で観光に向かいます。

今回の軽井沢旅行は2回目なのですが、今回は前回不参加だったHさんに軽井沢の良いところを見てもらおうとして「鬼押し出し」「浅間山」「白糸の滝」などへ行こうという計画でした。

ところが、残念ながら大雨です。浅間山は全く見えません。

火山博物館を見学して臨場感を得ようとしますが、イマイチです。

諦めて「白糸の滝」だけ見学して、別荘に直行することにしました。

 

 

別荘に着いたのは午後2時です。

別荘

別荘は外観からは分かりにくいのですが、内部は広くて快適です。

しかし夕食の予定は5時半です。還暦過ぎた7人が3時間以上何をするのでしょう?

7人は別荘の掃除の後で、テーブルに陣取って飲み始めます。

話題は何か?

何と、「芸能ニュース」「高校野球」が中心です。

皆さん思いのほか詳しくて話が止まりません。

メンバーのOさんが間断なくダジャレを飛ばします。
そのたびに根っからの関西人であるMさんとHさんが突っ込みます。
時折東北出身のMさんがボソッと一言いいます。
Oさんは、めげずにダジャレを飛ばし続けます。

Oさんのダジャレを幾つかご紹介したいのですが、聞いた時は笑いますが、すぐに忘れてしまい頭に残りません。笑いを再現するのは困難ですね。笑

夕食

Oさんが大奮闘して、漸く5時過ぎになったので、雨の中を「浅間高原ホテル」のなかにある「カフェ&タイ料理 青山ダイニング」まで歩いて夕食をとることにしました。

軽井沢にタイ料理が似合うのか僕にはわかりませんが、料理は美味しかったです。

スペイン産のワインを4本空けて、7人は引き続き盛り上がります。声のトーンは高くなる一方です。

充分飲み食いして、思い切り話すと周囲は真っ暗です。午後7時半ごろかな?

みんなは再びカサを指して800メートルの道を三々五々歩き出します。

軽井沢の道はどこも同じようでよく分かりません。しかも暗い。一人なら確実に迷います。

先頭の二人がどんどん行くので、後ろの二人からクレームが出ます。
「もっとゆっくり行ってくれー」

無事に別荘に着いてから飲み直しです。

ここで朝から大奮闘のOさんがダウン。寝てしまいます。

Oさんは大の歌謡曲ファンで、自分の好きな歌謡曲200曲の曲名、歌手名などを印刷してみんなに配るほどです。たとえば「青江三奈 木屋町の女」「チューリップ 心の旅」と言った具合です。

別荘の持ち主のAさんは、これも大の字の付くオーディオマニアで、部屋には何百曲というレコード(CDではない!)が並べられています。

せっかくOさんの出番だったのに、寝てしまうとは、Oさん残念でした。

8時頃から11時ごろまで(主に)昭和の歌を聴きながら、そのころの話にふけります。

南沙織、かぐや姫、グレープ、ビートルズ、赤い鳥・・・

 

外は相変わらず雨が降っています。

我々にとって、滅多に行けない軽井沢の別荘で、静かな夜に、滅多に聞けない昭和の名曲の数々をゆっくり聞きながら、お互いの思い出話に笑い合うのは至福の時間でした。

Aさん、ありがとうございました。

翌朝

翌朝は、依然として雨でしたが、すこし小降りになったので軽井沢銀座に向かいました。

ぶらぶら歩くと「中山道軽井沢宿」の石碑がありました。ここは宿場だったんだ。

時刻は午前9時前だったので、店がまだ開いていなくて静かでした。

 

せっかくの軽井沢なのに雨ばかりで、初訪問のHさんには気の毒でしたが、むしろ雨のおかげで、人に出会うことも少なくて、静かな中で旧交を温めることができました。

帰りは「峠の釜めし」弁当を買って帰りました。



コメント一覧

返信2017年7月31日 8:53 AM

多摩NTの住人24/

こんにちは。 昨日、一昨日とお疲れ様でした。楽しいひと時でしたね。またいつかやりましょう。

    返信2017年7月31日 10:34 PM

    セニョール25/

    こんばんは。二日間お世話になり、ありがとうございました。懐かしい曲をたくさん聞けて楽しかったです。 またよろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA