• 定年男子のランとマネー

丹後ウルトラマラソン

9月の丹後ウルトラマラソン(100キロ)の暑さに備えて馴化トレーニングのために二上山へ行ってきました。

当初は二上山から葛城山までの往復を考えていましたが、思った以上に暑いことと、前日ジムで少し泳ぎすぎた(2キロちょっとですが 笑)らしく、朝起きたら足の疲れが残っていたので、二上山遊びに切り替えました。(単独行なので慎重にしました。)

還暦を過ぎると、めっきり回復力が落ちましたね。(涙)

トレーニング開始

五位堂駅に自転車を置いて走り出します。

途中の阿日寺(通称 ポックリ寺)でトイレを借ります。

自販機で水を買っていると、通りがかりのおじさんが話しかけてきます。

「今日みたいな暑い日に山を走るんか?奈良は35度まで上がるぞ!気を付けて無理せんようにな!」

「ありがとうございます。」とお礼を言って別れます。

山裾から二上山を見上げます。そこそこの上り坂ですね。

登山口には3つの神社が同居しています。

登りはこんな感じです。

途中で鳥の観察をしている人に出会います。良い趣味ですね。

雄岳の直前に天武天皇の息子である大津皇子のお墓があります。
ランニングの無事を祈ります。

ここで先日の日光ウルトラマラソン参加Tシャツを着たランナーと遭遇、挨拶をします。

友達みたいな感覚ですね。彼は100キロ参加だったそうです。

馬の背を通り、雌岳の頂上へ上ります。立派な日時計が置かれています。

山頂から岩屋を通り、ダイヤモンドトレイルに入ります。

今日は無理をしない遊びなので、貯水池を廻り竹ノ内街道まで戻ります。

竹ノ内街道から鹿谷寺を目指します。岩場もあります。

ここで再び先ほどのウルトラランナーと再会。少し話をします。

ウルトラ情報の交換などをして、どこかの大会で会いましょうと言って別れます。こんな触れ合いは楽しいですね。

再び雌岳の頂上へ上ります。

途中の展望台からの景色が綺麗だったので、何枚か写真を撮ります。

ここからは馬の背、雄岳を通り、登山口から五位堂駅に戻ります。

所用時間は3時間35分、距離は14キロ(うちロードは6キロくらい)平均心拍数は119bpmでした。

モニターの変化を見ると、ロードを走るほうが高めですね。

気温が高かったためでしょうね。

ラン後にジムのプールでクールダウンをします。そのあと水風呂に入って、身体の熱を取って帰宅しました。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA