• 定年男子のランとマネー

老後の働き方と年金

昨日のブログを見た方からご質問を頂きました。

65歳を過ぎて、収入がなくなった場合とまだ収入がある場合の年金はいくらになるかというご質問です。

収入が無い場合

老齢基礎年金と老齢厚生年金ともに、基本的に「ねんきん定期便」に記載の金額が支給されます。

ただし本人と配偶者の年齢等の一定の条件により、「振替加算」や「加給年金」が加算されることがあります。

特に年金の受給を65歳以降に延ばすことを検討されているかたは、ご自身のケースの損得について年金事務所に確認されることをお勧めします。

収入がある場合

老齢厚生年金の支給が計算式によって制限されることがあります。

計算の基準となる支給停止調整額は毎年見直されます。

このケースは年金の受け取り開始時期を収入が得られなくなる時期まで延ばした
ほうが、年金受取額が増えてよいかと思います。

しかし制度の変更などもあるので、決める前に年金事務所で相談されることをお勧めします。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA