• 定年男子のランとマネー

トレイル日和

 

12月23日、奈良県の二上山から奈良県と大阪府との境にある金剛山までのトレイルをトレラン女子のOさん、Iさんと走ってきました。

当日は寒波と寒波の合間で暖かく晴れた一日でした。

午前8時に、近鉄南大阪線の二上神社口駅で待ち合わせ、早速二上山に向かいました。

ダイヤモンドトレイル(通称ダイトレ)縦走大会はいくつかありますが、どれも二上山の山頂(雄岳・雌岳)を通りません.

折角ここまで来たので、二上山山頂から岩屋に降りて、そこからダイトレに合流するコースにしました。

このコースは、Oさんが二回目、Iさんは初めてです。

Oさんは昨年の同時期に4人で二上山から葛城山を往復するコースに一緒に行きました。

ダイトレ特有の「階段地獄」(天国へ続く地獄の階段というそうです 笑)に心折れそうになったそうですが、

一年経過したら、もう一度走りたくなって帰ってきました。
今回は金剛山まで走って見たいとのご希望でした。

Iさんは奈良マラソンのあとのお茶会で話したときにダイトレに興味を示し、参加してみたいということで来ました。
「階段地獄」のことは説明しましたが、後で聞くと、どうやら話半分くらいに考えていたようです。笑

二上山~葛城山

二上山山頂までは50分弱の登りでした。

話しながらウオーミングアップのつもりでゆっくり登っていきました。
雄岳を超えて馬の背でトイレです。

トイレはダイトレの途中で一か所、葛城山頂で一か所、次は金剛山頂までありません。
冬山は冷えるので、防寒とともにトイレ場所の把握は大切ですね

岩屋から竹ノ内峠まではトレイルを走りました。
Iさんが慣れていないというので、Oさんに先行してもらい、僕がIさんの後から走りました。

Iさんとは、ほとんどお話したことが無かったのですが、ランニングしながら面白い話をいくつかしてくれました。

竹ノ内峠から平石峠に向かう途中で、何人もの中学生に抜かれました

野球部のトレーニングで葛城山まで行くそうです。

総勢20人近くが4~5人の集団に分かれて走っていきました。

彼らがランニングシューズに不安定なザックを背負って走るのを見て、
若いと、装備もフォームも関係なく走り切るのですねー
Oさんの独り言でした。笑

平石峠を越えたあたりで、少し遅れ気味のIさんを待っていると、
「上山さん?」
ラン友のMさんでした。

友達と葛城山まで往復ランの途中でした。

山で思いがけずラン友さんに出会うことは多いですね

嬉しい瞬間です

Iさんが追い付いて、再び走り出しました。
しばらく行くと「階段地獄」が始まりました。

Iさんはマイペースで来てもらうことにして、僕とOさんは葛城山で待つことにしました。

葛城山頂では、うまい具合に「白樺食堂」が開いていたので、僕たちはきつねうどんを食べながらIさんを待ちました。
先ほどのMさんたちもうどんを食べていました。

冬山では温かい麺類が一番です!

Iさんが食堂の前を走りすぎたので、気付いたOさんが追いかけました。

階段地獄に心が折れそうでした。まだあるの?まだ続くの?の繰り返しで嫌になってきました。疲れたー

Iさんのダイトレ思い出写真です。

Iさんは、自分は金剛山まで行けそうもないので、葛城山からロープウェイで下山して、目的地の河内長野の「の湯で合流します、といって別行動になりました。

でもその前に三人で葛城山頂の記念写真をとろうとして、山頂でデート中のカップルに写真をお願いしました。

ところが記念碑付近は酷い泥濘で、男性が泥濘の中に踏み込んで靴をドロドロにして、こけそうになりながらシャッターを押してくれました。

うしろで連れの女性が「頑張れ!」と声援を送っているのが可愛かったですね。

僕たちは「泥濘の向こう側から撮ってください。あ~、あぶない!!」とか言いながら撮ってもらいました。笑

あとでIさんが下山するときにもロープウェイで二人と一緒になって、麓の駐車場から車で仲良く帰っていったそうです。

葛城山~金剛山

僕とOさんは、そこから水越峠に向かいました。Oさんは初めてのコースです。

水越峠は長い下りですが、階段の段差が大きくて、走ると足に大きな衝撃があります

ずっと階段が続き、降り切ると、直ぐに金剛山の登りに入るので、結構つらい7キロです。
下りが2キロ超、登りが5キロくらいですね。

しかしながらOさんの感想は「楽しかった!登りが好きなんです

午後1時に葛城山をでて、午後3時に金剛山頂に着きました。

登りの途中から雪道でした。

踏み固められていて、もう一度、雪が降って寒波が来るとアイスバーンになると思います

行き交う人は全員登山靴で、トレイルシューズにアイゼン無しは僕たち位でした。

トレイルランナーも見かけずじまい。

スノーランをやってみようと走り出しましたが、後ろで動画を撮ってくれたOさんから、
いつもの走りと違います」と言われました。

確かに滑って転倒するのが怖くて、動画ではぺっぴり腰で走っていました。
従って動画は削除しました。笑

ダイトレはまだ数十キロ続きますが、日没時間などを考えて、当初の予定通りここまでにしました。

Oさんは、次回は紀見峠まで走りたいそうです。

やる気十分ですね。笑

金剛山頂ではロープウェイ駅を探して、葛木神社の辺りを歩きましたが、道の間違いに気付いて方向転換。凍結してツルツルの坂道を注意しながら歩きました

20分くらいウロウロして駅に到着。

ロープウェイで下山してバスに乗って、河内長野駅から「風の湯」でIさんと合流。

お風呂で温まってから、三人で食事をしてから解散しました。

楽しい一日でした。3人とも無事に帰れて良かった!!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA