• 定年男子のランとマネー

山納め

 

12月29日、ラン友Tさんの声掛けで、ことしの「山納め」として金剛山に雪中登山をしようと言うことになりました。

集まったのは、Tさん、Yさん、Wさんと僕の女性2名、男性2名です。

Tさんが車を出してくれて、山の麓まで運んでくれました。
僕の雪中登山は今年2回目です。
一度目は2月に屋久島で「縄文杉」を見に行った時でした。

今回はどのような景色を見ることができるのか、楽しみに出かけました。

雪中登山

金剛山は、標高1000メートルを超える、大阪では一番高い山です。
山の懐も深くて、いろいろな登り口があります。

Tさんは金剛山に詳しくて、少しスリルが会って、あまり人が来ない静かな登山道を選んで案内してくれました。

登山道では気温が摂氏1度くらいだったので、頂上では確実にマイナス気温です。途中で雪も積もっているでしょうね。

少し登ると滝に出会いました。勢いよく水が落ちてきていました。

写真では分かりにくいのですが、滝の近くにツララができていました。

しばらく沢に沿って歩いてから、山に切れ込んでいきました。

ゆっくり登山」で「汗をかかない程度に歩きましょう」のはずでしたが、
普段山を走る人の「ゆっくり」は普段山を歩く人の「早足」に相当するようですね。笑

途中から雪道になりましたが、アイゼンを装着することもなく、一時間半もかからずに山頂に着きました。

山頂は雪景色でした。気温はマイナス1度。寒い!

記念碑の前で、飛び上がって喜ぶ写真を撮りましたが、なぜか僕だけジャンプに出遅れました

タイミングを計ったはずなのになー。年齢差かな?笑

頂上下の広場で、バーナーでお湯を沸かして、持参したカップ麺を食べました。

4名中3名がカレー味で、「考えることは似ているなあ」と大笑い。

そのあとカフェラテとマドレーヌを頂いて、あったまったところで、身体が冷える前に下山です。

下山は滑りやすいと思って、僕はポールを使いました。

今回はこれを使ってみたかったのですが、女性2人は何もなしで、話しながらどんどん下っていくので、
僕と、僕に付き合ってゆっくり降りてくれたWさんはどんどん離されました。

Wさんとは大阪城練習会で何時も会うのですが、長く話したことはありませんでした。

下りに付き合って頂いて、いろんな話ができました。

たまに「山遊び」のような形で、速度を落として山を楽しむのもいいですね。

Wさんは、トレイルランナーですが、それよりも地元の山岳会に所属する山男です。

日本各地の山の話を聞かせてくれました。

女性陣は「良い人と一緒に来たねー。今度是非山に連れて行ってもらおー」と言ってました。

女性2人も大の山好きです。

Kobo Trail

実は、今回の山行は、5月にTさん、Yさん、僕の3人が参加した「Kobo Trail」の打ち上げも兼ねていたのです。

(Tさん曰く「大変遅くなりましたが、ギリギリ年内に開催できました。笑」)

弘法大師の道ー2

下山して、再びTさんの車で狭山の「虹の湯」まで連れて行ってもらい、

温まったあとは天王寺で「Kobo Trail打ち上げ会」でした。Wさんも参加予定です。

ところが、下山が早かったので、ゆっくり風呂に入っても時間が余ってしましました。
「3人で0次会をしよう」ということになって(笑)Wさんが合流する前に飲み会が始まりました。

Tさんはお酒が飲めないのでソフトドリンクでしたが、僕とYさんは遠慮なく(笑)飲みだしました。

酒の肴は山の話です。笑

時間になってWさんが待つ居酒屋に行くと、やはり酒の肴は山の話で、2時間はあっという間に経ちました。

その間、来年山へ行く話が2つ決まりました。笑

今年一年の「山ライフ」の締めにふさわしい、楽しい一日でした。

企画、予約手配、道案内、運転手を務めて頂いたTさん、ありがとうございました。そして今年は本当にお世話になりました。

Yさん、Wさん、そしてTさん、来年もよろしくお願いいたします

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA