• 定年男子のランとマネー

突然のお誘い

 

1月28日の日曜日に朝にノンビリしていると、ラン友のOさんから突然の連絡です。
「明日ヒマですか?トレイル走りませんか?」

聞いてみると29日の月曜日にラン友さんと絶品ピザを食べに生駒山を走る予定だったのが、ラン友さんが脚の不調で急遽行けなくなったのでピンチヒッターを探しているそうです。

平日に行けるのは退職して「学生みたいな生活」をしているヒマ人の僕かと思って声を掛けたそうです。

「行く行く!」
即決で参加しました。

コースは近鉄奈良線の枚岡駅から生駒山頂へ行って、急坂で鳴る「暗峠」を通って、有名な「山岡ピザ」で絶品ピザを食べるとのこと。

問題は「山岡ピザ」の場所が二人ともイマイチ分からないことでした

果たして辿り着くのかな?笑

枚岡神社

当日は晴天でトレイル日和です。Oさんは絶対の「晴れ女」で天気には自信を持っています。

集合は枚岡駅です。すぐ近くに枚岡神社があります。

Oさんは大阪の今里生まれの「浪速女子」です。

子供の頃に両親に連れられて枚岡神社の辺りに良く遊びに来たそうです。

何をしに来たか?

蝉取りです。笑

「この年になると親にしてもらったことを思い出しますね」

Oさんは両親の恩を想って、粛然と神社に感謝の柏手を打ちました。

枚岡神社は僕にとっても思い出の地です。

かつて大学のサッカー部のグラウンドが東花園のラグビー場の隣にあって、そこから枚岡神社までランニングをしていました。

神社の登り口の急坂が嫌でたまらなかった記憶があります。

それが今は急坂をものともせずに走り登っているのだから、人間とは分からない生き物ですね。笑

暗峠

休日で人も少ないハイキングコース二人で登っていきます。

ピザの予約は午後1時半なので、時間は十分あります。

というか十分ありすぎて普通に歩いていても早く到着しすぎるくらいです。

Oさんは「私には登りのトレーにイングが必要です」と言って、頑張って走るので益々時間が余ります。

生駒山頂に近づくと雪が残っていました。
Oさんはインスタをやっていて、被写体としてかっこよく映る研究をしているそうです。

「可愛く撮るから、可愛いポーズやって!」
「これで精一杯です!」

 

こんなバカな会話をしながら、暇だったので写真ツアーをやってみました。
Oさんからも沢山のリクエストが出ました。

「ここで撮ってください」
「このポーズで撮ってください」
Oさんはホントに写され慣れているようで、次々とポーズを決めてくれます。

「研究したけど、写真映りをよくするには大きな仕草をするんです」

なるほど、いろんなポーズをとってましたね。笑

僕の写真も撮ってくれました。

「背中、黄昏てますねー」

確かにこの時だけ薄暗かったなー 笑

生駒山頂には遊園地があります。
「コーヒーカップに二人で乗って写真を撮ろう」と冗談を言っていましたが、遊園地は冬季休園でした。

SL機関車の場所に生駒山の三角点があると聞いて、休園中の柵を乗り越えて写真だけ撮ってきました。笑

遊んでいても時間が余るので、山頂から信貴山スカイライン沿いに降りて「山岡ピザ」に行くことにしました。

快晴の下、景色を楽しみながら進みました。

途中で308号線と交差して「暗峠(くらがりとうげ)」を通ります。

聞くからに恐ろしい名前ですが、実は恐ろしい急坂です。しかも狭い。

山岡ピザ

暗峠を南生駒駅方面に1キロくらい下ると「山岡ピザ」です。
でも看板も出していないのでよくわかりません。

おまけに入り口も良く分からなくて、看板はドアの裏に付いていました。笑


予約時間よりだいぶ早く着きすぎたのですが、少し待っていたらお店の人がカウンター席を空けてくれました。

日当たりのよい高台の古民家を改造した雰囲気で、店内から景色を楽しみながら絶品ピザをいただきました。

美味しかった!

帰りは暗峠まで坂錬をしました。一度この坂を走って見たかったのです。
そのまま暗峠を超えて、近鉄奈良線の額田駅まで走ってゴールです。

直ぐに電車が来たので、Oさんとはそのままお別れしました。
Oさん、誘って頂いてありがとうございました。

僕はそのあとジムに寄って少し泳いで、お風呂でサウナと水風呂に入ってリフレッシュしてから帰宅しました。
さて明日からは、また「バイト生活」が始まります。笑



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA