• 定年男子のランとマネー

道頓堀

 

9月11日、道頓堀で「大阪定年男子の会」が開かれました。

この会は大江英樹さんと井戸美枝さんの共著「定年男子・定年女子」を発端として

大江さんが発起人かつ主催者として開かれている会です。

年齢は50歳から69歳までで、実際に定年した人もいれば、定年予備軍の人もいます。

でも多分一番多いのは「自営業」でしょうね。

大江さんのファンが集まった会なので「大江さんの独演会」と思われるかもしれませんが、

集まった14人は大江さんを含めて「よくしゃべる」人ばかりです。

他人の話を聞かないことはないのですが、自分が話し出すと自分が思うことを
言ってしまうまで「止まらない」ひとが過半数な感じですね。(笑)

皆さんの話題は様々でした。

FP、社労士、行政書士などの資格を持つ人も多いので、資産運用、相続、税金から始まって、

世の中で起こっていることの細かな解説も聞くことができます。

但し皆さんは声量を上げて物凄いパワーで話されるので、聞くほうも体力と集中力が必要で、

話に付いて行くには相当の努力が要求されます。(笑)

座敷が狭かったので、初めから終わりまで固定メンバーで話しました。

僕の右隣は50歳のHさんで行政書士です。
この方は行政書士として企業のオーナーさんと話すことが多いので、

研究を重ねて「会社のお金の流れを図解する」方法をセミナーで話しておられるようです。

主催者の大江さんも、なんと「大江工務店」を創業(?)されて、新しい形のプロデュース業に挑戦を始められました。

その他に遺言・相続から知的障碍者へビジネスの幅を広げようと考えているSさんや

300社に及ぶ人脈を築いて人材マッチングを行っているNさんなど多士済々な人たちが、

自分のやっているユニークなビジネスや深い知識を、これでもか!というくらいに思い切り語るのですから迫力がありますね。

僕など圧倒されてしまいました。

 

会が終わり、解散する前に稚気溢れる定年男子たちは、お店の前の道路に並び

「道頓堀」の看板をバックに記念写真をとりました。

何台もやってくる「空車」のタクシーが、客待ちと勘違いして停まろうとするのを

「早く行け!」と手を振ってましたね(笑)

いやー、最後まで面白い会でした。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA