• 定年男子のランとマネー

9月29日、村岡ダブルフル66Kを完走しました。

今回の大会参加は「リベンジラン」です。

3年前に同じ大会の100キロコースに参加して、91キロ地点の第5関門で関門アウトになったので、今回は第5関門からゴールまでを走ってやろうと参加しました。

僕の考えでは、村岡ダブルフル大会のエッセンスは、蘇武岳以降の58キロにあります。

蘇武岳登り口までをできるだけ短縮するために、66キロにエントリーしました。

大会一週間前に、高低図とコース図を参考にして完走プランを考えました。

大会終了後、午後7時発のマラソンバスに乗るためには、制限時間11時間の一時間前である、午後6時にはゴールしたいのですが、検討した結果は「まるでダメ」

10時間での完走はおぼつかないという結果になりました。

その時書いたブログです。

でも何とかしなければ、当日中に帰宅できないので、その時にアイガー仲間がFBに投稿した記事を読んで対策を考えました。

エイドは短くしてすぐに出る⇒前回はエイドの滞在時間が長すぎました。食べ過ぎの感がありましたね。

オーバーペースにならない⇒エイドを短くするには、マイペースで走りながら脚を回復させる必要があります。

サプリを上手く使う⇒おすすめの梅系のタブレットを購入しました。

大会当日は、雨の予報が外れて曇りまたは晴れでした。

暑くて、ランナーは水を被りながら走っていましたね。

午前8時、100キロと88キロのランナーを見送りながらスタートしました。

スタートで巨漢ラン友さんにあいました。

故障などでランが出来ずに「体重が増えた」と嘆いていました。

でも後から聞くと、暑さの中で粘って完走されたそうです。

おめでとうございます。

スタート直後から登りです。

オーバーペースを回避するために考えたのは、心拍計を見ながら走ることです。

僕の最大心拍は1分間に180回くらいです。(最近はそれ以上試したことがない 笑)

180の80%である144回を上限にして、144を越えたら歩いて135まで下げる、

再び走り出して144になったら歩くということを繰り返し。

もう一つは、下りは全部走るのですが、無理はしない。

具体的には、下り坂を落ちていくイメージで決して路面を蹴らない。

これは脚を温存するためです。

こんな感じで、当初の10時間で走り切ることにトライしました。

結果はご覧の通りです。

        関門時間  目標時間  実際の時間  累積距離

スタート    8:00 am

第一関門    10:00 am      9:00 am      8:55 am        8.1K

第二関門           12:30 am     11:30 am     ?              17.5K

第三関門          14:00pm     13:00 pm   12:10 am      30.9K

第四関門    16:30 pm    15:30 pm    14:45 pm     47.4K

第五関門    17:30 pm    16:40pm    16:10 pm      57.2K

ゴール     19:00 pm     18:00 pm    17:32 pm     66K

第二関門の蘇武岳は天気も良くて展望台からの景色は綺麗でした。

コースわきに、参加ランナーすべての名前がひとりひとり貼ってありました。

これを見ると頑張ろうという気持ちになりますね。

第三関門から第四関門の間は、昨年の台風の影響でコースが変更になり、山道を歩き走りすることになりました。

まさにトレイルランのようでした。

ランナーの何人かは、コースがきつくなったと不満を漏らしていましたが、僕は靴底が薄いランニングシューズなので少しは足に優しくなるなと思っていました。

でも登りは厳しくて、予定より時間がかかってしまいましたね。

ここでアクシデント。

ガーミン腕時計の電池残量が5%のアラームがでました。

あと30キロも残っています。

ここまで36キロで累積標高が1305メートル

仕方なくGPSはオフにして時計だけで行くことにしました。

時間が解らないと、関門時間までの残り時間が解りませんので已む無し!

第四関門を過ぎてしばらく行くと但馬大仏で有名な長楽寺があり、パワーをもらいました。エイドのおはぎも美味しかったのですが、マイルール通りに食べたらすぐに出ました。

目標の第五関門では、ラン友さんがハチの扮装で迎えてくれました。

応援頂きありがとうございました。

ラン友さんが撮ってくれました。リベンジで張り切っていますね 笑

ここからが前回のリベンジです。

一二峠を登って、残りは4.5キロの下りのみ。

(足が残っているかな?)と心配しながら走り出しましたが、

当初からの脚温存作戦が奏功して、4.5キロを全部走り切りました。

風を切る感じで、下りの坂道をとても気持ちよく走れました!

17時32分にゴール!

バスにも間に合ったし、リベンジも成功しました。

ゴールでは、コースわきで名前を見つけてくれたラン友さんが、自分が88キロを完走した後に待っていてくれました。

写真を撮ってもらったのですが、リベンジの喜びと、思いがけずラン友さんに会ったことにビックリして、お礼も十分に言えずに別れてしましました。

すみません。

大会一週間前の不安や自信のなさが、完走すると嘘のようにどこかへ飛んで行ってしましますね。(笑)

勝手なものです。(苦笑)

さて残るリベンジは、Kobo Trail K to Kと飛騨高山ウルトラマラソンです。

どうやってリベンジするかをゆっくり考えます。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA