• 定年男子のランとマネー

<ポイント2>

アメリカ合衆国の北部と南部

アメリカ大陸は広大で、北部と南部では気候もかなり異なっています。

北部の冬は寒くて耕作に不向きですが商業や産業が発展しやすい利点があります。

南部はたばこ栽培などには適していますが、夏は湿気と暑さで(疫病の発生など)体力の弱いものは死の危険があります。

北部入植者と南部入植者について少し比較してみましょう。

土地の分配方法が北部と南部では異なっていた

北部⇒集団に分配したので、組織が形成されやすかった

  ⇒社会を形成し、産業資本が発展

南部⇒個人に分配したので、家長が使用人を含めたファミリーを支配した

  ⇒大地主が分散して居住し、家族社会を形成

  ⇒産業資本が形成されず、借金苦が多い

たばこ栽培

北部⇒寒冷で栽培に向かず、代わりの輸出用作物もなかった

  ⇒その代わりに加工産品による輸出入の貿易産業自体は発展

   (加工産品には南部産の綿花を加工した商品も含まれた)

  ⇒保護関税によって国内産業育成を保護したい

南部⇒栽培に成功してヨーロッパへ輸出

  ⇒しかしながら経済がたばこの国際価格に影響されるようになった

  ⇒関税廃止による自由貿易で農民が利益を増やしたい

そしてこんなアンバランスが生まれます。

北部の経済発展に対する南部の依存度の高まり

 南部の綿花は北部の繊維産業で製品化される

⇒南部の経済的・政治的な自立の喪失への不安が高まった

 南部の自尊心を刺激

なんとなく、商都大阪や首都京都が、明治維新後にそれまでの地位を徐々に新興都市東京に奪われつつあるような焦燥感が感じられませんか?(笑)

この時代の南部の様子を描いたのがマーガレット・ミッチェル「風と共に去りぬ」ですね。ビビアン・リーとクラーク・ゲーブル主演で映画にもなりました。

ちなみに日本の明治維新は、アメリカの南北戦争のわずか7年後です。

このような事情があって、せっかくイギリスから独立したのに、なかなか一つの国としてまとまりきれなかったアメリカ合衆国が、とうとう悲惨な南北戦争を迎えるわけです。



コメント一覧

返信2020年5月1日 1:57 PM

山田冬樹23/

勉強になります。 しかし、米国産業資本はクレバーですね。南部の安価な労働力の収奪を奴隷解放という美しい言葉に置き換え、しかも、自らが表に出ず、人道主義者に宣伝してもらう。 さすがアングロ・サクソンです。 リンカーンも上手く踊らされていたのでは。善意の持ち主、または、それを自称する人ほど扱い易い。彼らはそれを良く知っています。 リンカーンは用済みになったので、殺されたのでは?

    返信2020年5月1日 2:03 PM

    セニョール23/

    南北戦争の後については、次回に書く予定ですが、やはり戦争は勝ったものが正義ですね。

返信2020年5月1日 2:24 PM

山田冬樹23/

そうですね。歴史は勝者が作るものですからね。私には、南北戦争がイラク戦争と重なって見えます。リンカーン用済は筆が滑り、安易な陰謀論に走って、失礼しました。

    返信2020年5月1日 2:42 PM

    セニョール23/

    リンカーンはアメリカで最も尊敬されている大統領だと思うので、アメリカ人の前では言わないほうが良いかも知れませんね(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA