• 定年男子のランとマネー

FIREとは、例えば「40歳代で1億円ためて早期退職してゆっくり暮らす」

WPPとは、できるだけ長く働いて現役生活を延ばし、あとは公的年金と私的年金で暮らす

ということです。

このように書くとFIREとWPPは真逆ですね。

文字から受ける印象では、「ウサギと亀」の対比にも思えます。

(FIREがウサギで、WPPが亀です 笑)

普通で考えれば、FIREを達成するために40歳代くらいで1億円以上の金融資産を貯めることは、かなりの難事です。

定年退職後の生活資金に2000万円足りないと心配している人が沢山いるくらいですからね。

でも40歳代で1億円は不可能でも、50歳代ならばできる人はいるかもしれません。

さらに60歳代になれば、老後の必要資金を考えれば、1億円の目途が立っていることが

必要になります。

例えば、年間生活費を300万円として35年生きたら1億5百万円が必要です。

これに対して公的年金が夫婦で月額22万円ならば9240万円が手当てできることに

なります。(人生100年として計算)

つまりあと1260万円の貯金(または退職金)があれば定年退職後の生活は(一時的な出費を考えなければ)

何とかなるのです。

これに対して、例えば50歳でFIREを達成してリタイヤした場合、人生の時間はあと

50年あります。

FIREするには、2億円くらいは必要でしょう。

(50歳から65歳までは家族も若いので、生活費のほかにいろいろなお金が必要です)

仮にお金は十分にあったとしても、50歳からの50年間をどうやって過ごすのでしょうね。

他人事ながら心配になります 笑

普通の人は、幼稚園に入ってから学生を卒業するまでの間は、一日の大部分の時間を規制されて過ごしています。

別の言い方では、常に次にやることが決まっているのです。(決められている?)

朝は7時に起きて、洗面と朝食の後、学校で6時限まで過ごす。

退校してからは、塾通いやスポーツ活動、帰宅して夕飯を食べ、テレビを見て宿題をやってから寝る。

学校を卒業して、就職してからも同じような時間割が続きます。

違うのは、退社してから酒席やデートなどをする時間ができることですが、多忙なビジネスマンならば、そのような時間はままならないでしょう。

例えば50歳まで強く時間規制された生活を続けて、急に自由になったらどうなるのでしょう?

始めは嬉しくて仕方ないでしょうね。

ずっとやりたかったことを片端からやるでしょう。

私なら、まず好きなだけ寝ます 笑

ホントに毎日が楽しいでしょうね。

やりたいことが何かのスポーツで、トレーニングを重ねて大会で好成績をおさめてプロのアスリートやコーチになる。

やりたいことが執筆で、小説やエッセイを書いてプロの作家になる。

こういう方もいると思います。

しかし(多分)たいていの人は、やりたいことをやってみて、飽きるか、才能がないことに気づきます。

実は、これは半分自分のことです。

(FIREできたわけではないので、やりたいことをやったという部分だけです 笑)

定年退職の数年前から、再学習をしたい 小説を書きたい ランニングをやりたい

という希望を持っていたので、片端からやってみました。

再学習では、放送大学大学院を受験して首尾よく合格しました。

国際政治学でスペインの民主化の論文を書いて、情報学ではデータベースの論文を書きました。

2つの論文ともに修了年度の論文集に載せていただいたので、まずまずの成果です。

でもそのあとが続きません。

博士課程も考えて、いろいろトライはしましたが上手く行きませんでした。

しかし学習したことを生かして、最近は著名人の「20世紀スピーチ集」を読んでいます。

現在は1900年代初めの英国の関税同盟の主張をめぐって、当時の政治家の演説を書き写しながら、当時の国際情勢を調べて楽しんでいます。

小説は2冊書きました。

1冊目は、銀行員時代に駐在した米国での不良債権回収の話。

2冊目は、遺伝子関連の起業の話。

書いてみて思ったのは、これを続けていくのは大変だ・・ということでした。

自分の書きたいことを選んで、読者に楽しんでもらえるキャラクターとストーリーを

考えに考えぬくことは、執筆を楽しめる才能と若さと執念がないとできないな・・というのが実感ですね。

でも文章は書きたいので、このブログを書くことにしました。

自分の文章を公開するという意味では、緊張感があります。

3つ目はランニングです。

初マラソンは1995年のアトランタ・マラソンだったので、トレーニング開始から数えたら、もう30年近く走っています。

大きな怪我や故障がなく走れているのは幸運です。

定年前後からは、ウルトラマラソンやトレイルランにも手(足?)を広げています。

このブログでも書いているように、60歳代後半になっても仲間と走る場があり、一緒に山を走ってくれる友達がいるのは幸せです。

私の3つの希望は、残念ながらお金を稼ぐレベルには至りませんでしたが、定年退職後の毎日の楽しみになっています。

しかしこれらが老後の楽しみになるまでには、自分なりに相応の時間とお金とトレーニングが必要でした。

50歳まで必死にお金を貯めてFIREしてから、さあ好きなことをやるぞと思ってやり始めてみても、それまでの投資が不十分ならば、自分自身の経験から想像すると、実益を上げる、または楽しみに感じるまでには、自分が思った

以上の時間・お金・努力が必要になると思います。

FIREとWPPのどちらを選ぶかは個人の自由ですが、私は時間をかけて自分への投資をする傍ら、着実に仕事をして年金保険料を支払い、長期投資で気長に金融資産を積み上げるほうをお勧めします 笑



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA