• 定年男子のランとマネー

3月27日、コロナ禍などで数年あっていなかったトレラン仲間と久しぶりに会ってきました。

午前9時阪急宝塚駅で集合、バスで一路有馬温泉へ。

実は3名のはずが、1名から急病で参加辞退連絡があり、2名で出発となりました。

コロナ禍で大事をとったようですが、あとで聞くと、午後には回復したようで良かったです。

午前10時前に到着、有馬温泉は久しぶりでした。

好天の日曜日とあって、渋滞する自動車と街中を歩く観光客で、街は賑わっていました。笑

我々2人は、人ごみを早く抜けたくて(マスクを外したくて 笑)、急な坂道をいそいで登って登山道入口に到着。

この登山道は、60歳のころに何回が参加した六甲山縦走トレラン大会で、六甲山最高峰から有馬に下る山道とほぼ同じコースです。

須磨浦公園から40キロ近く走ってきて、制限時間ギリギリだったので、思い切って走り下ったことを思い出しました。

今日は別に急ぐ必要もないので、ラン友のガッキーと話しながら登っていきました。

今日の集まりは、トレイルランナーズ大阪の安藤キャプテンのトレランツアーや大阪城公園練習会で知り合った人達です。

もう一人を加えた4人で、数年前に奈良県の畝傍山トレイルラン大会に参加した後、時々集まって山を歩き走りしています。

約1時間半で最高峰に到着。

アップで記念写真を撮ったあとに、新装なったトイレ近くで昼食のカップ麺を食べました。笑

綺麗なトイレで用事も済ませて、最高峰から下山に向かいました。

実は風吹岩あたりで、もう一人のメンバーのリョウコちゃんと合流予定でした。

リョウコちゃんは、昨年12月に女の子を出産し、念願のお母さんになりました。

今日は、娘さんを旦那さんに預けて、4~5時間の時間を作ってきてくれるのです。

ところが、我々がリョウコちゃんに早く会おうとして急いでしまったので、

彼女の出発時間である午後1時半に風吹岩に着いてしましました。笑

風吹岩は2012年10月に、安藤キャプテンのツアーに初参加して、初めてトレイルランで

やってきたところです。

当時、阪急岡本駅から風吹岩まで上がってきて、「これがトレイルランというものか」と

感激したことを覚えています。

FBに投稿した当時の写真があったので、10年後の自分と比べてみました。

2012年10月の初トレイルランニングツアー
2022年3月の再訪問

初めての参加だったので、何となく初々しく見えますね 笑

当たり前ですが、10年たつと年を取ります。

その分、甲羅を経て図々しくなったということでしょう。笑

リョウコちゃんに連絡して、金鳥山で会うことにして下りました。

ガッキーは、本格的な山男で、今はアイスクライミングに凝っているそうです。

前に4人であったときに、難波でボルタリングの練習場に連れて行ってもらったことが

あります。

ちなみにアイスクライミングの練習なら、ニュージーランドのマウントクックがいいよと

お勧めしたら、「そこは練習ではなくて本番ですよ!」と返されました 笑

山男らしく、よく知っている六甲山でも、片時も地図を離しません。

しかも、常に更新された最新の地図を携帯しています。

そういえば、前にリョウコちゃんと六甲山に登った時、彼女もポケットに地図を入れて

何度も道を確認していました。

地図を読むのは、山に慣れた人の習慣ですね。

金鳥山について、遠くまで綺麗に見える景色を眺めていると、汗をいっぱいかいて

急いで登ってきてくれたリョウコちゃんと会いました。

体型はランナー体型で、妊娠前の昨年3月に会ったときと全く変わりません。

相変わらず元気いっぱいでした。

金鳥山から3人でゆっくり下山しながら、出産や産後の話を聞き、こちらの近況を

伝えながら保久良神社までやってきました。

景色を楽しみつつ、持参のお菓子を食べながらしばらく雑談して、境内の桜を見てから

阪急岡本駅に向かいました。

リョウコちゃんの制限時間まで1時間あるということだったので、駅前の喫茶店に入ってチーズケーキセットを食べながら、雑談の続きです。笑

リョウコちゃんは、育児が落ち着いたらまた山に行きたいという気持ちが強く、

数年前に何人かで歩いた山の辺の道へまた行って、野菜を買いたい・・とか

産休中にできれ1度、大阪城公園練習会に行きたい・・とか

最終的には、来年に吉野の金峯山寺から大天井岳を越えて、洞川温泉まで行こうという

話で盛り上がりました。(このコースはKobo Trail KtoKの前半部分です)

久しぶりに会いましたが、こんな話ができる仲間がいるのは幸せですね。

満足気分で帰宅しました。

よい一日でした。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA