• 定年男子のランとマネー

定年退職後の仕事探しには、いくつかのパターンがあります。

一つ目は、現役時代のつながり(仕事や趣味でのつながり)で就職先を紹介してもらう。

二つ目は、どこかに登録して、勤務先を紹介してもらう。

三つ目は、ハローワークに行って、自分で検索して仕事を探す。

四つ目は、起業する。

他にもあるかもしれませんが、大体この四種類に大別されると思います。

また、定年後に職を求める人にも、いくつかのパターンがあります。

金銭的に余裕があるが、身体は元気なので、自分に合った仕事を続けたい人。

金銭的に余裕がないので、自分の技術や経験を生かして、仕事を探す人。

私の場合

私の場合は、新卒後に入社した勤務先を退職するときに、会社から二つ目の勤務先を紹介してもらいました。

二つ目の勤務先を退職するときは、新卒で入社した会社の知人に誘ってもらい転職しました。

三つ目の勤務先を退職するときは、個人事業主として起業しました。

ところが、たまたま出席した大学の同窓会で、当時のクラスメートから、海外勤務経験者に

仕事を紹介するところがあると教えてもらい、個人事業がヒマだったので

面白半分に登録してみました。

数か月後に、DNAの解析システムを開発する、スタートアップ・ベンチャーの

管理部の仕事を紹介されたので、週三日勤務(20時間)という条件で勤務しました。

スタートアップ・ベンチャーがどういうものなのか、さっぱり知らなかったので、

それまでの人生に無い経験がたくさんできて、とても面白い三年半でした。

現在のバイト

ベンチャーが資金難で解散してから、半年ほどブランクがあったのですが、

ベンチャーを紹介してくれた登録先から、今度は公的機関のバイトの話が紹介されました。

行政関係で海外相手の仕事でしたので、これも初体験です。

履歴書を出して、何回か面接を受けて、運よく合格して現在勤務中です。

(これも原則週三日勤務です)

仕事の内容は、海外の金融関係企業の誘致です。

金融関係といっても、最近はフィンテック企業が、たくさんできていますので

旧来の金融知識に加えて、新しい金融技術の知識を学ぶ必要があります。

よく出てくる言葉が、ブロックチェーン・AI・STO・DAOなどです。

勉強し始めて覚えたての言葉が、NFT・De-Fiなどです。

中でもDe-Fiというのは、とても面白い考え方ですね。

正確にはDe-Centralized Finance(分散型金融)というのですが、

この言葉はCentralized Finance(中央集権型金融)に対する言葉です。

中央主権型金融というのは、簡単に言えば、銀行を中心とした金融です。

銀行が金融の管理者として、お金の中心に位置して、お金の流れをコントロールしています。

分散型金融というのは、全く銀行を経由せずに、お金が流れていく金融です。

例えば、ビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨を使って、スマホのアプリから

国内や海外にいる個人や会社に、直接お金を送るなどが分散型の金融になります。

日本でも、資金移動に関する法律が制定・改正されて、銀行以外の会社でも

送金の取り扱いが可能になっています。

ただ、実際に会社を設立して事業を行うとなると、様々な手続きやハードルがあります。

現在のバイトは、例えばこのような事業を、日本で開業したい希望を持つ海外の企業に対して、英語でサポートすることなのですが、そのためには新しい金融技術の知識や、金融行政・金融業界の動きを知る必要があります。

最近は、改めて日本経済新聞の重要性を感じますね(笑)

特に、電子版では、記事や書籍を読むだけではわからないことを、ビデオでいろいろ解説してくれるので、高齢者にはとても有難いと感じています。

このように考えると、ある意味、老後の職探しは、今までの人生経験の集大成でもあります。

運と偶然に左右されることが多いのですが、じっくりと考えて、面白い職業を選ぶと

老後の人生が楽しくなります。

私の場合は、自分の持つ英語という技術を使って、金融の新しい知識を学び、

海外の人とコミュニケーションをとりながら、いくばくかの社会貢献ができるのではないかと

思っています。

それに、ボケ防止にも最適ですね(笑)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA