• 定年男子のランとマネー

ネットの記事を眺めていると、「おっさんレンタル」というタイトルが、目につきました。

文字通り、おっさんを1時間1,000円でレンタルするサービスです。

このサービスは、西本貴信さんによって、2012年2月からスタート。すでに開始後10年が経過しています。

ちなみに、「おっさんレンタル」を利用するかたは、下記のURLをご覧ください。

ABOUT | おっさんレンタル (thebase.in)

利用者は、女性と男性が、7 : 3程度の比率で、利用目的は様々。

単純に、溜っている話を聞いてほしいという依頼から、猫探しや元カレの荷物の処分などが

あるようです。

加盟人数は約60名で、おっさんとして登録された場合には、月額加盟料10.000円の支払いが必要です。

レンタル料は、全額おっさんのものになりますが、1回で2~3,000円の収入ならば、

余程の人気「おっさん」にならない限り、「持ち出し」かもしれませんね。笑

(まったくお呼びがかからないおっさんもいるようです 笑)

CEOの西本さんが、応募してくる「おっさん」を面接して、感じたことは下記のようです。

平均利用は2~3時間ほど。おっさんを3000人ほど面接して気づいたのですが、肩書とかポストではなく、大人の男として“選ばれたい”という欲求を感じますね。求められたり、必要とされたいんでしょう。選考のポイントは人間性。優しい雰囲気のおっさんが売れ筋です。本業が役者のおっさんもカッコいいから引き合いがある。32歳から62歳までのおっさんを随時募集しています」(西本氏)

(出典:2016/3/26 日刊ゲンダイ 

1時間1000円の“おっさんレンタル” 女性記者が試してみた|日刊ゲンダイDIGITAL (nikkan-gendai.com)

おっさん心理

「おっさんレンタル」を利用する人は、単発のちょっとしたことを解決できるなら、

1時間1,000円程度くらい支払ってもよいという人たちなのでしょうね。

もう片方の「おっさん」自身はどうなのでしょう?

「おっさんレンタル」登録で、生計を立てようとする人は、まずいないでしょうから、

おそらく、誰かのお役に立ちたい、という気持ちがあるのでしょう。

それから、記事の中で西本CEOが言っているように、約60名の加盟者の中から

(男として)自分が選ばれたい、という気持ちも強いのでしょう。

別の言葉でいうと「承認欲求」ですね。

一般的に、おっさんになると、勤務先や家庭で、自分の承認欲求を満足させる機会が減ります。

その代わりに、例えば、Facebookへの炎上に近い投稿を行って、

たくさんの「いいね」を求めようする、

誰かに、なにかをしてあげたことへの、心理的な見返りを、

多少過剰に求めようとする

などの行動に出る人がいます。

「おっさんレンタル」に加盟している人が、すべてそうとは思いませんが、

誰かの依頼に応えることで、何かに貢献しているという自己満足感と

依頼者に喜んでもらえることで、他者からの承認欲求を満足させられるのであれば、

「おっさん」にとって、十分価値がありますね。

ただ注意すべきは、おっさんの承認欲求は、時として肥大することがありますので、

依頼者が普通にあらわした満足とお礼では、だんだんと満足できなくなる人も

いるかもしれません。

もう一つ言えることは、自分の自由時間に、自分のやりたいことが無い「おっさん」が

結構いるということです。

日本の中高年会社員は、上司からの指示で動く「指示待ち」人間が多いので、

誰かからの明確な指令がないと、何をしてよいか、何をしたら自分自身が喜ぶかが

わかっていない人が多そうです。

だから、「話し相手」「猫探し」などの、明確な指示があれば、安心して依頼者の依頼に

応えることができるのでしょう。

随処に主となれ

禅語に「随処に主となれ」という言葉があります。

これは、いついかなる時でも、リーダーシップをもって振るまえ・・

という意味ではなくて

いついかなる時も主体性を持つこと、主人公であればどこにいっても行動に間違いはない、いく先々でその場所を自分のことのように思い、その場所を愛しなさい」

ということのようです。

(出典:https://www.mind-app.info/zuisho/

この言葉は、臨済宗の開祖である臨済禅師が弟子たちに語った言葉です。

いついかなる時も主体性を持つことは、相当難しいことですが、

退職後の人生を有意義に過ごすために、大いに参考になる言葉だと思います。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA