• 定年男子のランとマネー

60歳の定年を迎える前に、是非ともやっておいた方が良いことを、

私の独断と偏見に基づいてあげてみました。

成仏する

「縁起でもない!!」と思われるかもしれませんが、もちろん本当に死ぬわけでは

ありません。(笑)

成仏の意味は、「いつまでも会社員人生にこだわらないで、新しい人生に向かう」

ということです。

会社員人生の勝負は、だいたい50歳くらいではっきりします。

はっきりしない人は、有望か、または鈍感なのですから、そのまま会社にしがみつけば

良いでしょう。

はっきり負けがわかった人は、できるだけ早く、あっさりと諦めて、次の人生の

ステージを考えて準備に入るべきです。

人生は、思ったよりも長いのですから。

ちょっと無理する日常生活

普通の人は、意志が弱いものです。

このブログで書いているように、私は山を走り回るのが趣味ですが、

初めからそうだったわけではありません。

20代後半でスペインに赴任し、毎日遅い時間に、美味しいスペインワインをがぶ飲みしていました。

30代前半の東京では、バブルに浮かれて飲み歩き、人間ドックで脂肪肝や内臓脂肪の異常を指摘され始めました。

30代後半で赴任したアメリカで、またまた、毎日カリフォルニアワインを飲む生活を始めたのですが、その時に出会ったのがサッカーでした。

駐在員が集まってチームを作っていたので、お願いして入れてもらったのですが、

5メートルダッシュもできない状態でした。

「これではピッチに立てないな」と思って、7か月かけて12キロ減量して

走れる身体にしてから、走り出しました。

初めは1キロも走れなかったのですが、徐々に距離が延びて、10キロくらいを走れるようになったころから、ゲームに出してもらえるようになりました。

私の場合は、好きなサッカーをやりたいという目的があったので、大きな無理にも

耐えられたのですが、定年前ならば、そんなに無理しなくてもよいと思います。

駅でエスカレーターに乗らないで、階段を歩く、

または会社の入居しているビルの階段を上り下りしてみる、

自宅がマンションならば、できるだけ階段を使うなど

ちょっと無理して身体に負荷をかけるだけで十分です。

半年くらいして習慣化するころには、目に見える効果が現れてくるはずです。

貯金と貯人

会社員時代の人間関係は、お金が基本になっています。

そういわれても、「自分は、そんなつもりで他人と付き合ってはいない」

という方も、たくさんおられるでしょう。

しかし、定年退職して、初めのお正月に自宅に送られてくる年賀状は、普通激減します。

いつも飲みに行っていた会社の同僚や、仕事関係の人とのつながりは、

まさに音を立てて、きれいに切れてしまいます。

逆に言えば、定年退職という、お金が基本の人間関係の断絶の後で、

それでも残った人間関係はお金とは無関係でしょう。

自分の周囲を振り返ってみても、お付き合いが継続しているのは、

ランニング/山の友達、FP関係の知人、大学サッカー部、最初の勤務先の同期ですね。

現代はSNSが進化しているので、直接会わなくても、繋がっている感じが得られます。

時々でも、リアルに会う場があれば、人間関係の維持、つまり貯人としては十分ですね。

先ほどの私の例でいえば、走るコミュニティ、学ぶコミュニティ、

サッカーアコミュニティ、同期の桜コミュニティなど、いくつかのコミュニティに

所属して、その中で自分の立ち位置を決めて、人間関係を維持していきます。

各コミュニティでは、誠実に振舞うこと、ギブファーストであることを心がけています。

なぜか?

友だちとして、信用してもらうためです。

定年後の人間関係は、信頼し信用してもらうことが、最も大切で、

かつ心が休まるのです。

貯蓄と減畜

減畜は、定年前に貯めたお金を、定年後に大いに散財しろ・・という意味では

ありません。

(お金に余裕の有る方は、大いに散在してください 笑)

人生もそうですが、会社員生活を長くやっていると、いろいろな経験を通して

身についた考え方やスキルがあります。

そういった自分の財産を貯蓄と考えて、その富を他の人に分けてあげることを

減畜と言います。

もちろん、現役時代に貯蓄したお金を、気持ちよく散在してもよいのですが、

私は、お金は家族など身近な人のために使って、

知識や技能、体力などは、他の人のために使おうと思っています。

例えば、夫婦のお互いの誕生日や結婚記念日には、少し贅沢な夕食を共にする、

たまには、海外も含めて、一緒に旅行に行くなどです。

他の人のためには、FP相談でお客様の立場に立って、お役に立つことを心がける、

お世話になった地域のために、英語など自分の技能を使って貢献する、ですね。

他の人のために貢献することで、お金を頂くこともあるのですが、

そのお金はありがたく頂き、普段助けてくれている家族のために使うほか、

どこかに寄付することにしています。

ここに挙げたのは4つですが、他にもまだまだあると思います。

定年退職は、それまでに人生を棚卸するチャンスです。

また、心機一転、新しいことにチャレンジできる機会でもあります。

どうやら人生は100年になったようですので、定年後の長い人生は、

新たな気持ちで過ごしたほうがオトクな気がしますね 笑



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA