• 定年男子のランとマネー

6月24日に昔の職場の友人Kさんと、大阪の北新地の居酒屋に行ってきました。

友人のKさんと私

ローカルな説明ですが、曽根崎新地の「すえひろ」の近くです。(笑)

私が社会人になったころ(約45年前ですが)、会社の先輩方が、「社会見学」と称して、

北新地の飲み屋に連れて行ってくれました。

「ここは東京でいえば銀座のようなところや。雰囲気だけでも味わっとけ」

と言われたかどうかは、はっきりと覚えていませんが、

その少し前まで学生だった私には確かに縁遠い感じでした。

その時の印象があって、北新地の飲み屋イコールお高い(気位もお金も)

という意識があって、元来貧乏人の私には、とても敷居が高い場所でした。

そんな北新地で、昔の職場仲間の一人Mさんが、居酒屋に出資すると聞いて、

正直驚きました。

出資を募った居酒屋のおやじさんは、Mさんの知り合いですが、

もともと大手商社マンで、海外勤務経験もある人です。

結局おやじさんの知り合い9名が出資して約3年前に営業開始。

(元商社マンが北新地で居酒屋のおやじって、料理もするのかな?)

その時は、イメージ合わないな、という違和感と、失敗するン違うかな?という心配とが

交差しましたね(笑)

後で聞いてみると、バブル崩壊以降、北新地もかなり変わったようですが、

久しぶりに歩くと、明るいうちから、髪をセットした和服姿の女性が、

何人も歩いていました。

この居酒屋が開店したのは、ちょうどコロナ直前で、当初は苦戦しているようでした。

コロナが、少し収まった2年前に、出資した友人への応援の気持ちで一度行きましたが、

長くはもたないだろうなと思っていました。(笑)

2年たって、コロナも収まってきたので、出資した友人に

「あの店、まだやってるのかな?」と聞くと

「やってるで、給付金で延命や」とのこと。

そこで、2年前に一緒に行ったKさんを、今回も誘って行ってみました。

エステ女性とKさん

店は相変わらずで、火野正平似のおやじさんは、相変わらず飄々と喋っていました。

昼間はエステをやっているという女性を、手伝いに雇って、知り合い客とマイペースに

楽しんでいるという感じでしたね。

居酒屋オヤジとエステ女性

おやじさんも、手伝いの女性も、マイペースで飲んでいます。

知り合いが来ると、テーブルに座って、話し込んでいます。

「お水ちょうだい!」といった時だけ、立ち上がって、水道水をコップに入れて、

こちらに渡してくれます。(笑)

お客さんも、おやじさんも、お互いに全く気を使わないお店なのです。(笑)

先客万来、というわけではなさそうですが、おやじさんは、自分の大学や高校時代の友達、

北新地で知り合った人たち(おやじさんは、以前は北新地でカラオケ喫茶を経営)と

昔や今の話を、心の赴くままに、気持ちよく話しています。

たまに、リズムの合わない人が来て、絡んでくると、出禁にするそうですが(笑)

「大人の隠れ家」のようなお店ですが、一番うまく隠れているのは、どう見ても

おやじさんですね。(笑)

大企業サラリーマンの「上がり」としては、まずまず面白そうです。

私には、到底、真似できそうもありませんが (笑)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA