• 定年男子のランとマネー

60歳で定年退職しても、65歳まで再雇用などで雇用が継続されることが

普通になってきましたが、65歳で退職するよりも、64歳11か月何日かで

退職するほうが、お金がたくさんもらえるのではないか?と妻から聞かれたので、

良い機会と思ってハローワークに聞きに行ってきました。

結論から言えば、(予想通り)雇用保険に入っている65歳までの間に、

自己都合退職して失業手当を受け取ったほうが、高年齢求職者給付金よりも

受領する金額の合計は大きいことが多いようです。

ただし、失業手当受給にはいくつかの制限があります。

一つは、待機期間。2か月が普通です。

そして、支払いは、月ごとの分割払いです。

失業手当を分割して受け取る期間中は、毎月ハローワークの相談窓口に行く必要が

あります。

その時に、アルバイトなどで現金収入があれば、自己申告して、失業手当の繰り越しの

手続きを行います。

(アルバイトが現金支給なら、ハローワーク側にはわかりませんが、

何かで判明した時は恐いですよと軽く脅されました 笑)

そして、失業手当の受給中は、年金は受給停止になります。

また、退職日が(最も遅くても)誕生日の2日前になるので、

会社の年次休暇付与日が誕生月の場合には、誕生日の日付によって、

年次休暇の権利を何日分か、諦める可能性もあります。

いろいろと細かい規則があるので、面倒なことが嫌いな私は、

失業手当の合計額と、高年齢求職者給付金の差額が許容範囲内であれば

一括で給付金のほうを貰っておく方を、妻にお勧めしておきました。(笑)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA