• 定年男子のランとマネー

9月18日、京都府京丹後市(日本海側)で開催された「丹後100キロウルトラマラソン」

の60キロの部に参加しました。

当日は台風14号の影響で、南の暖かい空気が流れ込み、午前9時の出発時には、すでに

32~3度という暑さ。(温度計は35度だったそうですが、日向にでも置いたのでしょう 笑)

実は、この大会に参加するのは、3回目です。

前回は7年前、前々回は8年前で、たしか還暦記念に走った時でしたね。

2回とも100キロに出て、完走しました。

その2回目の時に、宿泊したホテルが同じだった人と、FB友達になりました。

それ以降で会ったことはないのですが、彼はその後も、毎年丹後100キロを

完走していました。

昨年11月に心臓の手術をして、今年5月のKobo Trailを完走した時に、

「手術のリハビリ完了!」とFBに投稿したら、

「リハビリ完了したなら、久しぶりに丹後ウルトラを走りませんか?」とのお誘いが。

100キロを完走する自信はなかったので

「60キロならエントリーします。でも100キロとはスタート地点も前泊地も違うから

会えませんけど」

「ゴールまでの15キロは100キロと60キロが合流するので、そこで会いましょう」

(そこで会えたら、まさに奇跡やな 笑)

静かな漁村 食事は美味しかった

大会前日は、小さな漁村の小さなホテルに泊まりました。

宿の前に入り江があって、落ち着いた静かな場所でした。

翌朝、透き通った綺麗な海を見ていると、「サザエを採るな!」の看板の左下に

「クマに注意!」の写真が 笑

最近はクマ情報が多いですね

宿の人に、「きれいな海ですね」というと、

「明日は台風で、波が堤防を越えて、きっと大変なことになってますよ。

大会は今日で良かったけど、台風が南風を運んできて、暑いと思います」

近くにカヌー置き場があり、この湾は練習場です

宿の車で、出発地点まで送ってもらうと、既に灼熱の感じ。

30℃は軽く超えていそうでした。

60キロスタート地点

スタート地点で写真を撮ってもらうと、1時間くらい、何もすることなし。

太陽の直射を浴びていると消耗するので、ひたすら日陰を探して、座っていました。笑

60キロの参加者は600人弱でしたが、考えることは皆さん同じで、日陰はすごい競争率。

ようやく午前9時になってスタート。

スタートから灼熱のレースの予感 笑

走り始めてすぐに、この異常な暑さをどうやってしのぐかを考え始めました。

私のウルトラの走り方は、「積極的に歩く」です。

フルマラソンを超える距離を、ずっと走り切るのは不可能なので、

どうせ歩くなら、最初から計画的に歩いて、制限時間内にゴールすることが基本プラン。

もう一つは、心拍数140超えくらいまでに抑えて走ること。

前半に心拍数を上げ過ぎると、体力を消耗して、後半バテるからです。

手術をしてから、以前のように、自分の心臓に全幅の信頼を置くのが怖いので、

やや腰が引けた対応になりますね。

心臓の専門医は大丈夫というのですが、なんとなく

「何かあったら、また手術しましょう」

というように聞こえます。(気のせいかな? 笑)

走り始めて、少ししてから、手元の腕時計で心拍数を測ってみました。

表示は、137。

(あれっ??)

2回目は、139。

(おかしいな、いつもは125くらいなのに)

どうやら暑さのせいで、心拍数の平均が10程度上昇しているようです。

つまり、少し走ると、すぐに145くらいまで、上がってしまいます。

(これはまずい。いつもは145くらいになったら歩いて、心拍数を落とすのに、

これでは走れない)

大会前に考えていたペースは、1キロ8分、10キロで80分のペースです。

これは、エイド滞在時間込みの、オールインなので、このペースを守るためには

1キロ7分~7分半で走る必要があります。

しかし、この暑さで、予定のペースで走れば、かならず後半失速します。

そこで、目標を切り替えました。

当初は、制限時間9時間半を8時間で走る予定でしたが、無理をせずに9時間に落としました。

初めの10キロは、目標切り替えとペースの調整を考えながら進んだので、あとでラップを見ると、エイド込みで62分でした。

早すぎますね。

15キロくらいから、コースの山場である七竜峠越えです。

標高150メートルくらいを、上り下りするだけなのですが、暑いと結構堪えるところです。

7年前は、軽快に走り抜けた記憶があります。

このコースは、七竜峠以外にも、結構アップダウンが多いコースです。

普段なら、なんということもないのですが、走るとすぐに心拍数が上がるので、

基本、登りは歩き、下りは走ることにしました。

トレイルランをやっているおかげか、私の上り坂を歩くスピードは、他のランナーよりも

多少早いようです。

いくつかの上り坂で、前を行くランナーを何人も抜いていきました。

エイドは、4キロ置きに設置されていて、水・ポカリ・コーラなどとともに、軽食が

おいてあります。

うどん・バラ寿司・つみれ汁・柿の葉寿司など、全部のエイドに寄って、補給と給水に

努めました。

給水は、おそらく全部で5リットル以上は飲んだと思います。

慢性の腎臓病なので、発汗量を補うだけの水分を補給しなければ、腎臓に負担がかかります。

15くらいあったエイドのすべてで、頭と足に水をぶっかけて冷やすこともやりました。

男性は豪快に水をかぶり、女性はエイドで氷をもらって、帽子に入れて冷やしていました。

腎臓の専門医の指示で、普段は減塩していますが、この暑さで塩分不足になると、動けなくなったり、足が攣るので、口の中で塩飴をずっと嘗めていました。

次回検査は11月なので、それまでには平常値に戻ることを期待します。笑

3年前の血液検査で、カリウム値が高かったので、医者にバナナを禁じられ、

ずっと食べていなかったのですが、あるエイドで他に食べ物が無かったので、

3年ぶりにバナナを食べました。

美味しかった 笑

ランのペースは、20キロまでは1キロ8分のペースを守って、多少貯金があったのですが、

七竜峠を越えた30キロから遅れだしました。

サウナの中にいるような異常な暑さで、さすがに心折れそうになって、第一関門の33キロでDNFしようかな、とか考えて、頭の中で計算してみると、ゆっくりペースでも制限時間5時間の少し前に関門に到着しそうでした。

(とりあえず第一関門を目指そう)

関門閉鎖時間チェック

実際には、第一関門制限時間の30分前について、バスで収容される人を何気なく見ると、

疲れてつまらなそうでした。

(ここでリタイヤすると後悔しそうだな)

第一関門で10分休んで、そのまま第二関門に向けて出発しました。

すると、太陽が雲に隠れて、冷たい風も吹いてきて、心なしか気温も下がったように感じました。

前半抑えて走ったおかげか、足も動きました。

痛みもなし。

相変わらず、上りは歩いて、下りは走ることを、こまめに繰り返して、足の疲労を抑え

ながら、第二関門の45キロ地点に到着。

第二関門閉鎖1時間前についたので、先ほどよりも少しスピードアップした感じですね。

綺麗な海岸 (少し余裕 笑)

第二関門を過ぎると、100キロランナーとの合流です。

(さて、友達とどうやって会うのかな?)

と考えながら、周囲を見回しますが、該当するゼッケンは見当たらず。

(彼は速いから、きっと先に行っているのだろう)と思って、

ゴールを目指すことにしました。

この辺りからは、ずっと一緒に来たランナーたちと、走って追い抜いては、歩いて抜かれの

繰り返しです。

最後に踏ん張って走った人が、多少早くゴールできるのですが、私の目標は

制限時間30分前の午後6時(9時間)なので、周囲にひかれて急がないで、

一歩ずつ着実に進むことにしました。

あとでラップを見ると、少しずつですが、スピードが上がっていました。

少しは頑張って走ったようです 笑

多少余裕が出てきたので、途中で足を痛めて座り込んでいる女性に、声を掛けました。

「大丈夫ですか?」

「足が熱くて」

(筋肉の炎症かな?)

「次のエイドで、思い切って足に水をぶっかけて冷やしては?」

「はい、やってみます」

そのまま走り去って、次のエイドで女性が追いついてきたので、もう一度声をかけて

先に行きました。

しばらく行って、下り坂を走っていると、後ろからサーッと抜いていく女性がいました。

あの女性です。

「水を掛けたんだねー」

「元気出ました!ありがとうございます!」

少し振り返って、爽やかな笑顔を見せて、走り去っていきました。

ゴールが近づいてくると、沿道の応援も熱が入ってきます。

椅子に座って応援してくれる高齢の方に、できるだけ手を振って応えるようにしました。

この大会には、中学生や高校生の若いボランティアもたくさん参加しています。

朝早くから、ゴール時間の午後6時半まで、ずっとエイドで給食・給水のサポートして

くれているのには、感謝の一言です。

相変わらず、友達と会えないままに、8時間50分28秒でゴールしました。

沢山走ったなあ

修正した目標タイムの10分前でした。

順位は60キロ男子完走者237名中、156位。

60キロの部の出走者414名だったので、完走率57.2%

脱落者が多い中で、68歳の前期高齢者にしては、まずまず頑張った方でしょう 笑

ちなみに、100キロ男子の完走率は、なんと43.3%。半分以上が脱落です。

大会全体の出走者は、1960名で完走者は940名。

完走率は48%と、かなり低調だったようです・

ゴール付近に友達が見当たらないので、ゴール写真を撮ってもらい、FBに投稿して

気付いてもらうことにしました。

ゴールしました 60キロですけど 笑

私はバスの時間があるので、投稿したら、すぐに荷物を受け取って、更衣室で着替えに行きました。

しばらくすると、FBに反応が。

なんと、友達は私より遅れてゴールしたそうです。

やはり100キロの部はきつかったのですね。

残念ながら、友達を探しに行く余裕も時間もなさそうだったので、

また会いましょう!

のメッセージと共に、バスに揺られて大会会場を後にしました。

3年ぶりのウルトラマラソンは、反省点も多かったのですが、現在の自分の実力を

知ることができて、とても有意義でした。

誘ってくれた友達に感謝するとともに、どこかで再会することを楽しみにしています。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA